社会貢献活動

アルビオンが目指すこと

関連するSDGs

工場のある埼玉県熊谷市、白神研究所のある秋田県藤里町などものづくりの拠点において、地域の皆様に貢献できる取り組みを行っています。
各自治体と連携しながら、自然環境保護はもちろん、田植えや稲刈り、祭事など地域の伝統を継承するさまざまな行事にも、積極的に参加しています。
さらに、伝統植物研究所のあるスリランカでの技術支援やマダガスカルでの女性の自立支援、子供たちへの教育支援など、国境を越えた各種支援にも力を入れています。
また、社員だけでなく近隣企業や地域の皆様にもご利用いただける事業所内保育所を銀座と福岡に設置。美容のスキルを活かし、メイクやマナーに関するボランティア講座も行っています。

数字で見るこだわり

1,013人マダガスカルでのスクールキット寄付人数
(2013〜2019年)

一人でも多くの子供たちに学ぶ機会を提供したいと、2013年からスタートしたスクールキット(リュックやノート、文房具など)を寄付するプロジェクトでは、2019年までに1,013人の子供たちに贈ることができました。他にも校舎3棟や図書館、教職員宿舎も建設するなど、SDGsの目標4「質の高い教育をみんなに」に掲げられる、誰しもが平等に教育を受けられる環境の実現につながる大切な社会貢献活動として取り組んでいます。

地域と共に

地域と共に

秋田県藤里町と包括連携協定を締結

世界遺産「白神山地」の里として著名な秋田県藤里町。2010年には「白神研究所」を開設したほか、2016年には新たな研究棟を建設、圃場も拡大しています。開所当初から緊密に連携してきた藤里町と2017年7月31日、包括連携協定を締結しました。秋田県誘致企業にも認定されています。改めて白神ブランドの振興や地域文化の共有、人材交流および養成などを通じて地域の活性化ならびに地域産業の発展に努めています。

01 02 03
  • 01 (左から)藤里町 佐々木文明町長、秋田県 中島英史副知事(当時)、アルビオン 小林章一社長
  • 02 2016年度から、秋田県『世界遺産白神山地の保全を通じて「高度な田舎」を実現するプロジェクト』への寄附も実施
  • 03 地方創生応援税制(企業版ふるさと納税)の取り組みなどが評価され2019年には大臣表彰を受賞(左:中根一幸内閣府副大臣・当時)

アルビオン事業所内保育所「Kuukids」

2009年4月、創業の地である「銀座に恩返しをしたい」という想いから、社員のみならず近隣企業様、地域在住の方にもご利用いただける保育園を東京・銀座に開園。2015年4月スタートの「子ども・子育て支援新制度」適用を受けるなど、厳しい基準とこだわりを持って運営しています。多様な就労形態で働く方に対応すべく土日祝祭日も夜9時まで運営、復職や望むキャリアの継続をサポートすることで社会的課題解決の一助となることを願っています。

01 02 03
  • 01 目の前に公園がある中央区の防災拠点に立地。紙おむつ、粉ミルクなどは保育料に含まれ保育所でご用意
  • 02 英語やリトミックも保育料金内で全月齢に実施。親子参加ができるイベントも充実
  • 03 2017年4月には福岡・博多にも開園。徒歩3分圏内に園庭代替地、嘱託医も

Kuukids 銀座

Kuukids 銀座は目の前に広い公園があり、その隣には災害時にも安心な中央区の防災拠点という恵まれた立地にあります。施設内は廊下がなく放射状の造りで、大人の目線からは全体が見渡せ安全に配慮するだけでなく、色・光・形状・素材などを楽しいデザインにし、子供の成長環境として感性を育む工夫を凝らしています。

施設名 Kuukids(クーキッズ)銀座 ※地域型事業所内保育事業を適用し、運営
設置場所 東京都中央区銀座1-19-7 銀座一丁目イーストビル1階MAP
最寄り駅 都営地下鉄浅草線「宝町」徒歩3分、東京メトロ有楽町線「新富町」・「銀座一丁目」各徒歩4分
保育対象 0歳(生後7ヵ月目以降)~未就学児
※中央区地域枠の方は2歳児まで
(3歳児以降は連携園「まなびの森保育園銀座」へ進級)
ご利用対象者 月極保育(従業員枠):株式会社アルビオン、およびアルビオンと企業間契約を締結した企業の社員の方
月極保育(地域枠):中央区在住で支給認定を受けている方
一時保育:一般の方。2歳児~5歳児(ただし利用希望日の1週間前までに書面による登録が必要)
定員 39名(うち中央区地域枠の方は10名)

Kuukids 福岡

Kuukids 福岡は博多地域にも天神地域にもアクセスが良い、呉服町駅からすぐの恵まれた立地で、徒歩3分圏内に園庭代替地、嘱託医があります。
福岡の海と空をイメージした階段アプローチ、保育所内は波紋のように丸みのある壁面で優しい雰囲気です。キッチンには大きな窓があり子供たちが調理風景を見ることができます。大人の目線から各部屋が見渡せ安全に配慮されているだけでなく、子供の成長環境として感性を育む工夫を凝らしています。

施設名 Kuukids 福岡 (クーキッズ福岡)※企業主導型保育事業を適用し、運営
設置場所 福岡県福岡市博多区中呉服町4-26 アルビオン福岡支店2階MAP
最寄り駅 地下鉄箱崎線「呉服町」駅徒歩3分(エレベータあり)、博多および天神地域から、各バス10分圏内
保育対象 0歳(生後6ヵ月目以降)~未就学児
ご利用対象者 月極保育(従業員枠):株式会社アルビオン、およびアルビオンと企業間契約を締結した企業等の社員の方
月極保育(地域枠):福岡市在住で支給認定を受けている方
定員 38名(うち福岡市地域枠の方は定員の50%まで)

お問い合わせ

入退園および施設見学・取材に関して

月極保育、一時保育、保育全般に関して

Kuukids 銀座(現地)
電話:03-5524-2867
FAX:03-3567-5252

Kuukids 福岡(現地)
電話:092-272-5880
FAX:092-272-5886

すくすくジャパン!

マナー・身だしなみ(メイク)講座

美容部員の接客やマナーについての教育経験を活かし、2011年より社会貢献活動の一環として中学校でのマナー講座を開始。また、高校生や大学生、企業を対象にした「マナー&メイク講座」も行っています。受講生には当社作成の「マナーブック」「スキンケア・メイクブック」、女子学生には講座で使用したスキンケアのサンプルセットを配布しています。

01 02
  • 01 マナー講座では、当社作成のテキストを提供
  • 02 メイク講座ではテキストに加え、講座で使用したアイテムのサンプルセットも配布しています

グローバルでの取り組み

グローバルでの取り組み

マダガスカルでの教育支援

全人口の約8割が貧困層と言われるマダガスカル。貧困から抜け出すために不可欠な就学率向上策として、バイエルヘルスケア社、ソートラメクス社と共同で、子供たちへの教育支援に取り組んでいます。一人でも多くの子供たちに学ぶ機会を提供し、自分たちの国が持つ自然の大切さを理解してもらいたいとの願いのもと、2013年から毎年、スクールキット(リュックやノート、文房具など)を贈るプロジェクトを行っています。

01 02 03
  • 01 現地視察に訪れ、マダガスカルの子供たちと笑顔でふれあう小林章一社長
  • 02・03 2016年には、創業60周年記念事業として原料の産地に近いアンパシポッシィ地区の小学校に1棟、中学校に2棟の校舎と世界地図などの教材を寄贈
  • 02・03 2016年には、創業60周年記念事業として原料の産地に近いアンパシポッシィ地区の小学校に1棟、中学校に2棟の校舎と世界地図などの教材を寄贈

スリランカ有用植物産業化コンソーシアム設立

2017年9月22日、東京農業大学、国立大学法人 佐賀大学、ワヤンバ大学 畜産水産栄養学部との4者間で「スリランカ有用植物産業化コンソーシアム」を設立しました。2014年に東京農業大学と共同で開設した「スリランカ伝統植物研究所」を通じてスリランカの産業支援にフィードバックしてきましたが、本コンソーシアムの設立を機に、改めて生物多様性の保護と公平な利益還元に対処しながらスリランカの有用植物の研究をさらに進め、商品化を図っています。

01 02 03 04 05 06
  • 01 (左から)アルビオン 小林章一社長、佐賀大学 渡邉啓一教授、ワヤンバ大学 ウィジェセカラ上級講師(当時、現在は学科長)、東京農業大学 山本祐司教授
  • 02 2014年4月 東京農業大学と共同で設立された「スリランカ伝統植物研究所」
  • 03 2017年8月に設立された栽培実証および植物の量産を担う「ゴダーラ研究所」
  • 04 第一研究所には、ハーブの試験栽培と見本園として約3,000m2の薬草園を併設
  • 05 第二研究所では約5,000m2の薬草園で栽培実証および植物の量産を行っています
  • 06 第三薬草園では、植物の商業利用に向けた大規模栽培を実施