すべては笑顔のために。これまでもこれからもアルビオンらしく。持続可能な未来へのアクション

Message
株式会社アルビオン 代表取締役社長 小林章一

美しい肌、美しい笑顔を
未来につないでゆくために、
私たちはものづくりをしています。

人を幸せにするためのものづくりが、誰かを傷つけてはいけません。地球や環境を汚してはいけません。そういう当たり前のことを大切にしながら、人として企業として、「正しきことに従う心」をモットーに、アルビオンは歩んでまいりました。
この志や姿勢こそが、創業以来ずっと変わることのない伝統であり文化であり、“アルビオンらしさ”です。

アルビオンが、アルビオンらしくあり続けるために、メンバー(社員)一人ひとりを尊重することに何よりも注力してまいりました。全員がやりがいを持って、仕事に心から歓びを感じ、長く働いてゆける職場環境づくりを目指すことは、社長である私の一番の使命だといっても過言ではありません。メンバーが幸せでなければ、人を幸せにするものづくりなど出来ないと思っています。
メンバー一人ひとり、全員が、アルビオンらしさの源泉です。

それから、自然環境に影響を与えないものづくりも一貫しています。
自社熊谷工場では、化粧品製造のあらゆる工程を熟知·検証し、自然環境に影響を与える可能性は徹底的に排除して、環境保全と地域活性につながる仕組みや技術開発を進めてまいりました。
化粧品原料についても、様々な大学との共同研究や、スリランカ、マダガスカルなど国境を越えての連携も積極的に推進。国内外に自社研究所·植物育成の圃場を持ち、土づくり、種まきから収穫、化粧品成分への加工まで全工程で携わり、安心·安全なものづくりを行っています。
過程のどこを取っても目も手も届く、想いのゆき渡るものづくりは、アルビオンらしさの要です。

そうしたアルビオンらしさは、
どこに向かうべきなのか…
お客さまに、長く愛していただけるように。お取引店さまに、深く信頼していただけるように。
地域や国々、かかわる皆さまに幸せになっていただく、笑顔になっていただくため以外に、ありえません。
人と、地域と、社会との「絆」が豊かに育まれなければ、私たちの取り組みに全く意味がない…
アルビオンらしさの意義は、ここにあります。

これからも、ぶれずに変わりなく、進化を重ね。
“アルビオンらしさ”はどうあるべきか、
何が“らしさ”の本質なのか、
アルビオン全メンバーとともに考えながら、ものづくりを通して、皆さまと歩み続けてまいります。

すべては笑顔のために。

株式会社アルビオン
代表取締役社長
小 林 章 一

閉じる
アルビオンらしくあるために大切な5つの取り組み アルビオンらしさの意義 お客さま・お取引店さまとともに アルビオンらしさの要 環境や資源に配慮した化粧品容器 安心・安全な化粧品原料 生産段階の環境負荷低減 アルビオンらしさの源泉 ジェンダー(人)と働き方

アルビオンらしさの再確認と未来へ向けての活動を決めるプロセス ~メンバー(社員)によるグループワークと有識者ダイアログ~

学会「企業と社会フォーラム」プログラム委員
今津 秀紀氏をお迎えし進められた
グループワークと有識者ダイアログ。
アルビオンらしさと丁寧に向き合い、
時間をかけてプロセスを重ねながら、
取り組みたいこと、取り組むべきことを、絞り込みました。

STEP1<本社・工場でのヒアリング> アルビオンの取り組みや活動を整理・棚卸し STEP2<グループワーク> 未来に向けて優先すべき取り組みや活動の特定 STEP3<有識者ダイアログ> 特定した取り組みや活動について有識者からの意見を聞き修正 STEP4<経営者確認> 1~3を経て経営層から承認を受ける/定期的に見直す

9月5日に行われた27部署29名の選抜メンバーによるグループワークの様子。
一人ひとりがアルビオンらしさについて考え、議論し、活発に意見を交換しました。

  • ループワークの様子01
  • ループワークの様子02
  • ループワークの様子03
  • ループワークの様子04

CSOネットワーク代表理事、サステナビリティ消費者会議代表、消費生活アドバイザー、博士(総合政策)の古谷由紀子氏、元日経WOMAN編集長で現・淑徳大学教授、ジャーナリストの野村浩子氏、二人の有識者を交えダイアログを実施。
アルビオンならではの強みや魅力を生かす活動を行うために、専門的なアドバイスをいただきました。
(経営陣からは小林章一 代表取締役社長、小林勇介 常務取締役、千葉等 取締役、中原洋子 取締役が参加)

  • ダイアログの様子01
  • ダイアログの様子02
  • ダイアログの様子03
  • ダイアログの様子04

<古谷氏からのコメント>

  • まず社員が主体となって、アルビオンらしい活動のあり方を検討したことが素晴らしい!
    社員自らが会社の未来と真剣に向きあえている。

  • 自社の強みややりたいことだけを提言するのではなく、SDGsというツールを活用して社会の課題をも捉えたうえで検討し、取り組みを決めているところも評価したい。

  • 原料調達から生産、販売、消費というプロセス全体や時間軸での見方・視点を変えてみることによって、やるべき取り組みの取りこぼしや見落としに気付く可能性もある。今後はぜひ、そうした視点での検討もしてほしい。

<野村氏からのコメント>

  • グループワークのまとめに非常に感心した。とても誠実で真摯で倫理観のある、志の高さ、目線の高さを感じた。期待したい点が多い。

  • ジェンダー(人)を源泉とするアルビオンにとって、キーワードはシェア。
    想いのシェア<社内はもちろん社外にも志を同じくする仲間を持つ>・知のシェア<社内外いずれにおいても知性を共有する>・ジョブシェアリング<子育てしている社員、介護している社員、シニア社員…多様化する働き方への対応>、この3つのシェアも、これからの“アルビオンらしさ”には大事だと思う。

  • 女性が多い会社だからこそ、女性に対する無意識の偏見があることも。
    見えにくいことをつくらせない、安心できる環境づくりが必要。

閉じる

MOVIE