“らしさ”の輝く
職場環境

アルビオンが目指すこと

アルビオンは“人がすべて”です。“人ありき”です。ものをつくるのも人、接客するのも人、お取引店様と共に汗をかくのも人、アルビオンの一番の財産は“人”です。“人”こそが、アルビオンらしさの源泉です。
かけがえのない一人ひとりが、しっかりと意思を持って仕事に向きあえる、それぞれの想いがきちんと尊重される職場環境がつくれるように、創業以来一貫して注力しています。想いが声にできる、その声が届く環境、心から歓びを感じ、やりがいを持って長く働いていける環境を、常に目指しています。お客様に喜んでいただけるものづくりは、全メンバーの幸せがあってこそ叶う…そのことを忘れずに、日々取り組んでいます。

数字で見るこだわり

政府は2015年12月の閣議決定にて、2020年までに上場企業の女性役員の割合を10%以上にするという目標を掲げています。内閣府男女共同参画局「女性役員情報サイト」にて「上場企業における女性役員の状況」も公表されていますが、このデータによると、上場企業の女性役員の割合は5.2%(2019年)と低水準にとどまっています。女性が活躍するアルビオンでは、経営層役員9名のうち3名を女性が務めています。

内閣府男女共同参画局「女性役員情報サイト」

ダイバーシティ&インクルージョン

ダイバーシティ&インクルージョン

障害者雇用を促進する「熊谷ワークライフセンター(WLC)」

アルビオンでは、2011年に障害者の雇用と自立支援を目的に、熊谷事業所敷地内に「熊谷ワークライフセンター(WLC)」を設立しています。WLCでの経験を通して腕を磨いていただき、一般就労できる人材を育てていくことを障害者雇用の根幹にという構想のもと、返品商品の検品をはじめサンプルや宣伝物のセット作業、熊谷事業所内の清掃、包装・仕上げなどの生産支援まで数々の業務を担っていただきます。一人ひとりの個性と能力が発揮できるよう、幅広く業務体験ができる機会を提供しています。

01 02 03
  • 01 第一WLC外観。約3万坪の敷地を持つ熊谷事業所内に2011年に設立
  • 02 全国からさまざまな理由で返品されてくる化粧品の検品作業の様子(検品班)
  • 03 包装・仕上げなどの生産支援業務を担っている様子(第二WLC)

ワークライフバランス

ワークライフバランス

ビューティアドバイザー職向け各種制度

アルビオンでは、ビューティアドバイザーが安心してお客様と向きあうことができるよう、教育制度の充実と共に、女性のライフステージにあわせた各種制度を整備し、働きやすい職場環境づくりを推進しています。マタニティ制服の導入、育児支援金のサポートなど、子育てと仕事が両立できる制度を整えています。

産休・育児支援制度

育児休業制度 子供が満1歳になるまで取得可能です。最長2歳まで延長が可能です。
育児時短制度 子供が満3歳になるまで、1日1時間半まで取得可能です。
マタニティ制服 専用のマタニティ制服を導入しています。
育児支援金 出産と育児と仕事を両立するための金銭面(出産祝い金、育児支援給付金、保育サービス支援金、ベビーシッター援助金など)を支援させていただきます。
介護休業制度 最長で1年以内の取得が可能です。
子供の看護休暇制度 小学校入学前までの子供の病気・ケガによる休暇制度です。
年間5日まで、小学校入学前の子供が2名以上の場合は10日まで取得可能です。

アルビオン事業所内保育所「Kuukids」

施設内は廊下がない放射状の造りなので全体が見渡せ、安全なだけでなく、子供の感性を育む楽しいデザインに

化粧品会社として、女性が子供を育てながら継続して働くための選択肢を増やしたいとの思いから、2009年4月より東京・銀座で事業所内保育所を運営しています。2015年4月には「子供・子育て支援新制度」の適用を受け、2017年4月には福岡・博多にも開所しています。

アルビオン事業所内保育所「Kuukids」

人材育成

人材育成

教育のアルビオン

アルビオンらしい接客マインドの養成に力を入れています。

アルビオンでは、「高級化粧品」を扱うのにふさわしく、お客様に信頼していただけるビューティアドバイザーの育成に非常に力を入れています。基礎からしっかり学ぶことができるので、未経験でも安心してプロのビューティアドバイザーとして、お客様へ一流の接客が行えるよう成長することができます。また、「美容部員である前に立派な女性であれ」ということを基本とし、商品知識や技術だけでなく、人として、女性として大切なマナー、礼儀作法、気遣い、気働きの精神などを学んでいきます。

充実の教育制度

●新人教育

新人研修は1年半かけてじっくり行います。入社〜1ヵ月の間に社会人・ビューティアドバイザーとしての基本マインド・スキルを習得、6ヵ月後には取得した基本マインド・スキルを体現するフォロー教育、1年後には自立したビューティアドバイザーになれるよう自己革新するための昇格教育、1年6ヵ月後にはプロのビューティアドバイザーとしての技術・総合提案力を習得するスキルアップ教育を実施します。

●定期教育

月に2回、新製品やその季節の推奨商品、接客などさまざまな情報を先輩・同僚と共有します。

●ステップアップ教育

新人教育後は「資格制度」「役割制度」によりそれぞれに応じた教育を行い、キャリアアップやキャリア形成をバックアップしています。また、年代に応じた人事教育や定年退職準備セミナーもあります。

ビューティアドバイザー資格制度

ビューティアドバイザー職には、段階的にキャリアアップする資格制度を導入しています。人事評価、職務内容などにより推薦のうえ、上級、副指導員、指導員と資格が上がり、待遇や仕事の幅が広がっていきます。他にも、資格・年数にかかわらず個人の能力や適性によりさまざまな役割を担うことができる「役割制度」を設けるなど、お客様との接点となるビューティアドバイザーのモチベーション喚起に努めています。

ジョブチャレンジ制度

ビューティアドバイザーの経験を活かし、他部署での経験が積める社内公募制度があります。
年に1回、募集内容が告知され、希望者は社内選考を経て配属先が決定されます。

募集例:企画部、商品開発部、海外事業部など

アルビオン白金教育センター

01 02 03 04
  • 01 東京・白金台に立つ「アルビオン白金教育センター」
  • 02 新たにリモート教育を展開。リモートであっても、共に語らい、学びあい、心を通わせあう、“共育”の場であることを大切に、受講生一人ひとりの様子にきめ細かい気配りを行っています
  • 03・04 対面での集合教育は、最大9名までの少人数制として、実習物品は一人ずつ専用のものにする、カフェテリアでも全員が一方向を向いて座り会話をしないなど、充分な感染防止対策を講じています
  • 03・04 対面での集合教育は、最大9名までの少人数制として、実習物品は一人ずつ専用のものにする、カフェテリアでも全員が一方向を向いて座り会話をしないなど、充分な感染防止対策を講じています